Javaエンジニアのニーズと将来性

Javaはプログラムの世界では共通言語ともいえるプログラミング言語であり、利用されているものの中では世界で一番といっても過言ではない。そのため、これからエンジニアを目指す人にとっても、まずはJavaを習得することが必須ともいえるだろう。しかし、その将来性について知らなければ、キャリアとして目指すべきか悩んでしまうかもしれない。
前述した通り、Javaは世界中で用いられている言語である。仕事はグローバル規模であり、かつ求人案件数も他のプログラミング言語より非常に多いことが特徴だ。Javaそのものが汎用性が高いプログラミング言語ということもあって、常に進化し続けている。また、登場から長い年月が経過しているにもかかわらず、いまだに最も用いられており、将来にわたって必要性が薄れる可能性は低いといえるだろう。
Javaを使ってできることには、一般的なPC向けのソフトウェア開発に加えて、スマートフォンのアプリやWebサービスなど、現代人の生活に必要不可欠なものが数多く存在している。この点からもニーズは非常に大きく、Javaを習得することで仕事を得られる機会が増えるはずだ。
なお、ニーズは高いが、Javaは他のプログラム言語に比べると習得難易度が比較的高い傾向にある。しかも、一度Javaエンジニアになればそこで終わりではなく、継続的に最新の知識にアップデートしなければならない。知的好奇心の高い人にこそ、目指してほしい職種だといえるだろう。